interviewホストファミリーストーリー

interview 2019.6神奈川県

箱根・鎌倉・江ノ島方面へ観光しながら、畳の部屋で日本文化体験を!

ホストファミリーストーリー

Marilenaさん

ゲスト様との新しい出会いが生き甲斐であり、日々のメリハリとなっております

そう話すのは、ホストファミリー歴18年のMarilenaさん。旦那様と息子さんの3人暮らし。
息子さんが3才の頃からホストファミリーを始め、いろいろな国からのゲストとの交流を楽しんでいる。

Marilenaさんのおうちのおすすめは、ローカルな日本人の生活が垣間見られる一戸建ての和室のゲストルーム。
日本の伝統的な畳の部屋で布団で寝てみたい人や、和室でごろんと手足を伸ばしたい人にぴったり。

1 階はゲスト専用フロアで約10 帖の和室のゲストルームが2 部屋。どちらの部屋も内装をリフォームしたばかりで、Marilenaさんの掃除も行き届いているのでピカピカ。

同じ階にゲスト専用のトイレ・洗面台・ミニキッチンがあり、気兼ねなく滞在できるようになっている。

Marilenaさん家族が暮らす2 階にゲストとホスト共用のリビングとお風呂があり、ゲストとの団欒の場所となっている。

ホストファミリーストーリー

新しい畳が気持ちいい和室のゲストルーム

ホストファミリーストーリー

ゲスト専用エリアに冷蔵庫や電子レンジもあります

もう2020年7月の東京オリンピックの時期の予約が入っており、驚いております

Marilenaさんの住まいは東京から電車で約1時間ほどの場所。東京の都心だけでなく、箱根や鎌倉、江ノ島方面を訪れるゲストにも大人気。

Marilenaさん:去年(2018年)は、民泊届出申請をして多くの方がお越し下さりました。すでに来年(2020年)7月の東京オリンピックの時期の予約も入っております。

畳の部屋が気に入ってくださり、何度もうちに予約してくれるリピーターの方もおられます。国のインバウンド政策で日本を訪れる外国人観光客が激増し、時代が変わったと痛感しております。

ホストファミリーストーリー

自宅のような和室で快適ステイをどうぞ

Marilenaさん:自然の紙と木で作られている和室は、ホテルの部屋のような洋室とは違います。先人の知恵で培われた日本の気候に合った障子や畳は、ほっと安心できる空間を醸し出しています。

一般住宅で日本人が昔から生活してきた伝統的な畳の部屋が少なくなってきているので、この機会に家族のように過ごせる我が家の和室での滞在を楽しんでください。

ホストファミリーストーリー

お待ちしています!

Marilenaさん:OneHomesを通して、ホストファミリーを始めた原点の気持ちに戻って、ホームステイの受け入れをしたいと思っています。
みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!

ホストファミリーになる