magazineOneHomesマガジン

サムライの刀、買えます!
(東京 池袋「刀剣杉田」)

カルチャー

2019.12.16

magazine2

海外で「日本」といえば、サムライ。
サムライといえば、最強の切れ味を誇る日本刀や重厚な鎧(よろい)。
それらのアイテムは海外にもファンが多く、数々の刀剣や鎧などを展示している東京・上野の東京国立博物館や、 両国の刀剣博物館などが外国人観光客に人気です。

その日本刀や鎧、正真正銘の本物を買えるお店があるって知ってましたか?

鑑定書付きの刀を中心にコレクター向けに販売しているのは、東京の池袋にある 「刀剣杉田」(とうけん すぎた)
20年以上の歴史があるこの店には、美しい日本刀を求めに日本国内だけでなく世界各国からファンが訪れます。

もともと限られた人だけが楽しむものというイメージがあった刀ですが、日本では歴史好きな女子「歴女(れきじょ)」に続き、 2015年頃に登場した「刀剣女子(とうけんじょし)」*1 により若い人や女性にも刀剣鑑賞ブームが起きました。

「博物館での鑑賞だけではもの足りない。日本刀を自宅に持って帰りたい!」 と希望する究極の刀剣愛好家のためのお店、「刀剣杉田」を紹介します。

※1:刀剣をイケメンキャラクターに擬人化したオンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」がブーム誕生のきっかけだとか。

magazine2_2

お店はアパホテル池袋駅北口のすぐ近く

見どころは?

magazine2_3

店内では常時70種類ほどの刀剣類を展示

・一番古い刀剣は、なんと鎌倉時代(1200年台)のもの! 800年以上も昔の作品です

・購入希望者は、実際に刀に触ってみることができます

・刀のほかに鎧(よろい)も売っています(写真左。もちろん本物!)

magazine2_4

博物館で展示されている刀をはじめ刀剣杉田で販売されている刀は、戦で実際に使っていたものとは違う、 家々に先祖代々伝わってきた観賞用のもの。
包丁に例えると、私たちが普段キッチンで使う包丁とは違って、「観賞用に特別に作られて、何百年も保存されていた包丁」というイメージです。

「武士の魂」だった刀はすべて職人のこだわりが詰まった手作りで、一振り*2と同じものはありません。
長いもので全長1m近くの刀から、20cm以下の短刀まで、それぞれ長い歴史を持つものばかり。ショーケースにずらっと並ぶその姿は重々しく近寄りがたいながらも、間近で見ると手をのばして触ってみたくなる、不思議な魅力を放っています。

※2:刀は1本・2本ではなく、一振り(ひとふり)・二振り(ふたふり)と数えます。

magazine2_5

刀剣の一番の楽しみ方は、光を当ててその独特の刃文(はもん)の美しさを鑑賞すること。
一振りごとに異なる刃文を自宅で好きなときに愛でる、それが刀剣収集家だけの楽しみです。

magazine2_6

気になる料金は、お手頃なものでは10万円前後の短刀から、高いものでは1000万円以上、なかには2000万円以上の国指定の重要美術品クラスのものまでさまざま。

海外のファンに人気が高いのは、家紋付きデザインのもので、価格帯は100万円以下が多いとのこと。

銀色の光を放って静かに鎮座する刀剣たち。
自分の目で見ると、だれもがその力強い美しさと迫力に圧倒されてしまいます。

magazine2_7

鞘に家紋が入った短刀。持ち手の柄(つか)の細工も見事!

買うときはどうするの?

お気に入りの一振りを見つけた!と購入を決めた場合ですが、残念ながらその日すぐには持って帰れません。

日本国内で所持する場合

まず店側で刀剣に付いている各都道府県の教育委員会発行の「銃砲刀剣類登録証」の名義変更をする必要があり、その後に宅急便で発送されます。通常、発送まで数日かかります。

(日本国内で合法的に刀剣を所持する登録証の管理をしているのが教育委員会というのは、ちょっと意外ですね。)

海外に持ち出す場合

海外で所持する時には、上記の手続きのほかに文化庁から「輸出してもOKですよ」という証明である「古美術品輸出監査証明」を店側で取得する必要があり、発送まで2~3週間かかります。
料金はすべて前払いです(現金、クレジットカード、銀行振り込みに対応)。

発送方法は航空便のEMS(国際スピード郵便)か船便になり、送り先によって変わります。
(到着までに、EMSで通常1~2週間程度、船便で2~3か月程度かかります。)

また、場所によっては送れないところや、追加の証明書の取得義務があるところもあるので、購入前にお店の方と確認が必要です。

頻繁に日本に来るという人であれば、引き渡し準備ができた時に再来日して刀を飛行機で持って帰ることもできます。
その場合は空港のチェックインカウンターで税関の人を呼んで確認してもらい、預け入れ荷物として預けることになります。

※日本国外に持ち出す場合は、購入に先立ちその国で日本刀の所持が許可されているか、日本刀の所持のためにどのような手続きがあるのかを確認しておくことが必要です。

注意点!

magazine2_8

・大きなお店ではないので、グループで来店する場合は最大3人まででお願いします。

・刀剣に実際に触れることができるのは、購入前提の方のみです。

・購入決定後すぐに引き渡し手続きに入るため、その後のキャンセルはできません。

文化財である真剣を取り扱っているため、皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。
お店はこちら

magazine2_9

お気軽に見学にいらしてください!

自身が刀剣コレクターの杉田侑司(すぎた ゆうじ)社長(写真左)と、知識豊富な角田信樹(かくた まさき)さんが皆さまのお越しをお待ちしています。

「私たちが刀剣の魅力をご案内します。ぜひお気軽に見学にいらしてください!」

刀剣杉田

住所 東京都豊島区池袋2-49-5
E-mail info@token-net.com
電話番号 03-3980-1461
営業時間 10:00〜18:00
(お昼休み 11:45~12:30)
定休日 毎週水曜日・第三火曜日
お店への
行き方
JR池袋駅 北口 20a出口から徒歩5分
(アパホテル池袋駅北口のすぐ近くです)
対応言語 日本語、英語
ウェブサイト https://token-net.com/(日本語のみ)

our pickこちらの記事もおすすめです

ranking人気記事ランキング

記事一覧に戻る
ホストファミリーになる